/

東証大引け 小幅続伸、決算手掛かりに買い 任天堂は大幅安

1日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に続伸した。前日比14円90銭(0.07%)高の2万0788円39銭で終えた。2018年12月19日以来、約1カ月半ぶりの高値となる。企業の2018年4~12月期決算の発表が本格化し、好業績銘柄に買いが優勢になった。米中貿易協議の進展期待も相場の支えだった。一方、低調な中国の景気指標を受け、上値では持ち高調整目的の売りが出た。米雇用統計など注目度の高い米経済指標の発表を前に様子見ムードは強く、相場の方向感は乏しかった。

日経平均は午前に150円あまり上げる場面があった。前日の米ハイテク株高を手掛かりに投資家心理が改善し、電機株などに買いが先行した。米中貿易交渉を巡り、中国の代表団が「重要な進展があった」などと述べたと伝わった。米中貿易摩擦の懸念が後退し買いの勢いが増した。

もっとも買い一巡後は売りに押された。1月の財新中国製造業購買担当者景気指数(PMI)が前月から低下し中国景気が減速しているとの警戒感が強まり、短期筋による売りが出た。週末接近で持ち高を傾ける動きは限定的で、日経平均の後場の高値と安値の差(値幅)は85円と狭かった。

JPX日経インデックス400は小幅に反落した。終値は前日比18.64ポイント(0.13%)安の1万3914.01だった。東証株価指数(TOPIX)も小反落し、2.86ポイント(0.18%)安の1564.63で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆4860億円。売買高は14億1807万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は793、値下がりは1268、変わらずは66だった。

18年4~12月期が増収増益だった村田製が急伸した。19年3月期に増益になるとの見通しを示したHOYAが大幅高。ファナック資生堂第一三共が買われた。一方、家庭用ゲーム機の販売台数見通しを下方修正した任天堂が急落。18年4~12月期が最終赤字だった野村や、今期の業績予想を下方修正した味の素の下げが目立った。コマツりそなHDも下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン