10/23 0:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 上場企業の平均年収692万円 1%増、配当の伸び下回る[有料会員限定]
  2. 2位: あなたの業種の平均年収は? 2018年度年収ランキング
  3. 3位: ダウ最高値圏で足踏み、「不況サイン」の憂鬱(NY特急便)[有料会員限定]
  4. 4位: 投資家注目のオンコリス、風邪ウイルスで抗がん剤[有料会員限定]
  5. 5位: 上場企業の年収、トップはM&Aキャピタルの2478万円[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,202,877億円
  • 東証2部 71,288億円
  • ジャスダック 93,288億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率14.42倍14.31倍
株式益回り6.93%6.98%
配当利回り1.99% 2.00%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,548.90 +56.22
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,570 +110

[PR]

国内株概況

東証大引け 反発、米中対立の緩和期待で 売買代金13日ぶり2兆円超え

2019/8/30 15:22
保存
共有
印刷
その他

30日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比243円44銭(1.19%)高の2万0704円37銭で終えた。トランプ米大統領が中国との貿易協議の継続に前向きな姿勢を示したことを受け、両国間の対立激化への懸念が和らいだ。前日の米株式相場の上昇や外国為替市場で円相場が1ドル=106円台まで下落したことも投資家心理を支えた。

日経平均は一時280円超まで上げ幅を拡大した。前日の米市場で中国関連株などが上昇した流れを受け、東京市場でも対中追加関税への懸念から売り込まれていた電子部品や機械株といった景気敏感株を中心に買い戻しが入った。米株価指数先物の上昇などを背景に相場の戻り基調が続くとみた売り方が持ち高の解消を進めたことも指数を押し上げた。

もっとも、新規の買いについては「超短期筋による順張りの買い以外は限られた」(国内証券ストラテジスト)という。市場ではトランプ氏らが再び態度を翻す可能性もあるとして、米中交渉の進展に対する疑念も根強かった。週末発表の8月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)の結果を見極めたいとの様子見気分も広がった。

JPX日経インデックス400は反発した。終値は前日比178.78ポイント(1.34%)高の1万3493.48だった。東証株価指数(TOPIX)も反発し、21.69ポイント(1.46%)高の1511.86で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆215億円と13営業日ぶりに節目の2兆円を上回った。売買高は12億762万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は全体の9割超となる1970、値下がりは144、変わらずは35だった。

ソフトバンクグループ(SBG)のほか、ファナックアドテスト東エレクが上昇した。米アップルの新型スマートフォン発表への期待感から村田製TDKにも買いが向かった。半面、ファストリユニファミマ資生堂は下落した。スズキバンナムHDダイキンは売られた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム