7/13 4:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「出遅れ日本」の目覚め 投資の好機とみる海外勢[有料会員限定]
  2. 2位: 企業価値、コロナで一変 リーマン以来の順位激動[有料会員限定]
  3. 3位: 危機下の預金・現金急膨張 コロナ後バブル生む?[有料会員限定]
  4. 4位: 「コロナTOB」にくすぶる不満 ファミマが異例の高値[有料会員限定]
  5. 5位: ファンケル、コロナでも増益 自前DXで販促素早く[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,859,760億円
  • 東証2部 67,452億円
  • ジャスダック 91,493億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率18.46倍19.96倍
株式益回り5.41%5.00%
配当利回り2.11% 1.74%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,290.81 -238.48
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,290 -190

[PR]

国内株概況

東証大引け 2万1000円台回復 メキシコ関税見送り好感

2019/6/10 15:20
保存
共有
印刷
その他

10日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前週末比249円71銭(1.20%)高の2万1134円42銭で終えた。2万1000円台回復は5月29日以来、約2週間ぶり。前週末の米株式相場が利下げ観測の強まりを背景に上昇したことで、海外勢が株価指数先物に買いを入れた。電気機器や素材など景気敏感株の上昇が目立った。米国の対メキシコ関税見送りで自動車株も高かった。

日経平均の高値と安値の値幅は約90円にとどまった。9日閉幕した20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では世界経済の下振れに対し、「さらなる行動をとる用意がある」と共同声明に明記した。銀行株の一部にはマイナス金利のさらなる低下を警戒した売りが出た。秋の消費増税の実施も固まり、小売株の上値も重かった。

東証株価指数(TOPIX)は続伸し、前週末比20.55ポイント(1.34%)高の1552.94で終えた。JPX日経インデックス400も続伸し、終値は前週末比187.12ポイント(1.37%)高の1万3814.50だった。

東証1部の売買代金は概算で1兆9516億円と3日連続で節目の2兆円を割れた。売買高は11億6307万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1783、値下がりは294、変わらずは64だった。

ソフトバンクグループ(SBG)やファストリが高かったほか、マツダトヨタが買われた。ファナック安川電も堅調。半面、KDDINTTドコモが売られた。ユニファミマ三越伊勢丹も安く、りそなHD千葉銀は軟調だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム