7/12 16:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,859,760億円
  • 東証2部 67,452億円
  • ジャスダック 91,493億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率18.46倍19.96倍
株式益回り5.41%5.00%
配当利回り2.11% 1.74%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,290.81 -238.48
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,290 -190

[PR]

国内株概況

東証大引け 小幅続落、円高が重荷 売買代金は2兆円下回る

2017/5/30 15:38
保存
共有
印刷
その他

30日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に3日続落した。前日比4円72銭(0.02%)安の1万9677円85銭で終えた。前日の米株式市場が休場で相場の方向感が出にくいなか、イタリアの政治やギリシャの債務問題など欧州情勢への不透明感で円相場が強含み、株価の重荷になった。

円の対ドル相場が1ドル=110円台後半まで円高・ドル安に振れたことから、輸出関連銘柄の上値を重くした。株価指数先物の売りが値がさ株に波及し、日経平均は112円安の1万9570円まで下げる場面があった。

日経平均は一時、目先の下値メドとされる25日移動平均に近づいたが、下回ることはなかった。持続的な業績拡大に期待できる銘柄に買いが入り、指数を支えた。ソフトバンクは約4カ月ぶりに9000円台を回復した。

JPX日経インデックス400は反発した。終値は前日比17.32ポイント(0.12%)高の1万4013.81だった。東証株価指数(TOPIX)は続伸し、2.46ポイント(0.16%)高の1572.67で終えた。

東証1部の売買代金は概算で1兆8768億円と、連日で活況の目安となる2兆円を下回った。売買高は13億2603万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は751と全体の約37%だった。値上がりは1092、変わらずは173銘柄だった。

前日まで連日で高値を更新していた楽天に利益確定売りが出た。東エレクの下げも目立った。小野薬塩野義も売られた。ファストリヤマトHDも安い。

一方で、ANAHD花王資生堂は年初来高値を付けた。日電産任天堂など市場の業績予想が会社予想を上回っている銘柄も買いを集めた。三菱ケミHDパナソニックも上昇した。

東証2部株価指数は続伸した。ウェーブHDフュトレックが上げ、シャープペッパーが下げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム