時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,447,027億円
  • 東証2部 109,227億円
  • ジャスダック 103,967億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.37倍 --
株価収益率17.55倍16.47倍
株式益回り5.69%6.06%
配当利回り1.50% 1.55%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 21,382.83 +46.71
日経平均先物(円)
大取,17/12月
21,380 +30

[PR]

国内株概況

東証大引け 小幅反落 上値の重さ嫌気 日本郵政が一時急落

2017/4/20 15:21
共有
保存
印刷
その他

 20日の東京株式市場で日経平均株価はわずかながら4日ぶりに反落し、前日比1円71銭(0.01%)安の1万8430円49銭で終えた。取引終了にかけ上値の重さを嫌気した売りが膨らんだ。「海外M&A(合併・買収)の失敗で巨額減損処理へ」と午後に一部で伝えられた日本郵政が一時、5%を超える急落となり、投資家心理が悪化した。

 最新の世論調査の結果を受け、フランス大統領選への懸念は後退した。国内年金の押し目買いを背景に前場の日経平均は一時、1万8500円を上回る場面もあった。

 財務省が朝方発表した3月の貿易統計速報(通関ベース)は対世界の輸出数量指数(2010年=100)が2012年3月(105.8)以来5年ぶりの高水準だった。景気回復基調が確認できたとの見方から自動車など時価総額の大きい輸出関連株への買いが目立った。

 上値を追う動きは限定的だった。19日の米ダウ工業株30種平均が100ドル以上、下落するなど、米景気の先行きに対する不透明感が強まっており、買いを見送る投資家も多かった。

 JPX日経インデックス400は小幅に上昇した。終値は前日比5.98ポイント(0.05%)高の1万3180.06だった。東証株価指数(TOPIX)は小幅に反発し、1.39ポイント(0.09%)高の1472.81で終えた。

 東証1部の売買代金は概算で2兆1592億円。売買高は18億4106万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は792だった。値上がりは1091、変わらずは132銘柄だった。

 米国市場で原油先物相場が大幅に3日続落したことをきっかけにJXTGと国際石開帝石は年初来安値を更新した。アサヒキリンHDも下落し、味の素と武田は安かった。半面、17年1~3月期の連結営業利益(米国会計基準)が800億円前後と前年同期のほぼ2倍になったと報じられたキヤノンは大幅に上昇した。ソニーが買われ、三菱UFJ三井住友FGも高かった。

 東証2部株価指数は4日ぶりに反落した。シャープとADプラズマが下落し、黒田精FDKが上げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム