/

東証大引け、大幅反落 1年3カ月ぶり安値、世界景気懸念で今年最大の下げ

20日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落した。終値は前日比632円18銭(3.71%)安の1万6416円19銭だった。昨年来安値を更新し、日銀が追加の金融緩和を決めた2014年10月31日以来およそ1年3カ月ぶりの安値を付けた。下げ幅は今年最大の大きさ。原油価格の下落が止まらず、先進国を含む世界経済への悪影響に警戒感が強まった。運用リスクを回避する動きが一段と広がり、東証1部全体の97%に相当する1886銘柄が下落する全面安の展開となった。東証株価指数(TOPIX)は反落し、前日比51.44ポイント安の1338.97と14年10月31日以来の安値に下落。JPX日経インデックス400の終値は前日比458.75ポイント安い1万2065.32だった。

600円超値を下げ、取引を終えた日経平均株価(20日午後、東京都中央区)

日経平均は下げ幅が一時650円を超え、1万6300円台後半に下落した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油が日本時間20日の時間外取引で1バレル27ドル台に下落し、産油国の投資資金が株式市場から引き揚げるとの懸念が強まった。海外ヘッジファンドなどから原油安をはやした売りが出て、下げが加速したとの見方があった。

このところ米国で低調な経済指標の発表が相次いでいるほか、前日には国際通貨基金(IMF)が世界経済見通しを下方修正。ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)悪化への懸念で、目先1万6000円前後まで下落することへの警戒が強まった。半面、市場では「足元の水準は日本企業の減益まで織り込んだ水準で、実際の企業業績からみて売られすぎ感が強い」(大手証券)との声も聞かれた。

東証1部の売買代金は概算で2兆6725億円、売買高は25億6622万株。東証1部の値上がり銘柄数は40、変わらずは9だった。

ソフトバンクとソニーがともに7%超下げた。ファストリファナックダイキンといった値がさ株が軒並み下げ、指数を下押しした。公開価格を下回ったゆうちょ銀は個人投資家の投げ売りも加わって下げ幅を広げた。日経平均構成銘柄では日水花王の2銘柄が上げた。

東証2部株価指数は反落した。アートSHD朝日インテク象印が下落。ハイレックスは上昇した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン