/

東証大引け、4日続落 米株急落で心理悪化、2カ月ぶり安値

10日の東京株式市場で日経平均株価は4日続落した。終値は前日比178円38銭(1.15%)安の1万5300円55銭と、8月13日以来、約2カ月ぶりの安値をつけた。9日の米株式相場が大幅安となり投資家心理が悪化。利益確定売りが広がり、東証1部銘柄の9割超が下げた。

9日の米株式市場でダウ工業株30種平均が前日比334ドル安と、今年最大の下げ幅となった。「欧州を中心に、世界景気の先行きを警戒する雰囲気が強い」(大和証券の壁谷洋和シニアストラテジスト)といい、東京市場でも運用リスクを回避する動きにつながった。

ここ数日間、米株式相場が荒い値動きを続けているだけに、持ち高を維持したまま3連休を迎えづらい雰囲気もあった。持ち高調整を目的とした売りが下げに拍車を掛けた。

一方、日経平均を構成するファストリが上昇。値がさ株である同社株が堅調に推移し、指数を25円程度支える要因となった。

午後2時発表の9月の消費者態度指数など、同日発表の経済指標への反応は限られた。朝方の株価指数オプション10月物の特別清算指数(SQ)算出に伴う取引は売り買いがほぼ均衡し、相場への影響は目立たなかった。

JPX日経インデックス400も4日続落し、前日比155.66ポイント(1.36%)安の1万1306.62で終えた。東証株価指数(TOPIX)も4日続落し、終値は17.69ポイント(1.40%)安の1243.09だった。

東証1部の売買代金は概算で2兆6877億円、売買高は28億5163万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1664、値上がりは125、変わらずは43だった。

ソフトバンクが下げ、証券会社が投資判断を引き下げたマツダの値下がりが目立った。前日に業績予想を引き下げたプレナスが急落。ファナックやとトヨタ、三井住友FGも下落した。一方、グリーが大幅高。住友不が上げた。

東証2部株価指数も4日続落した。ソディックと田淵電が下げ、ラオックスとアゼアスが上げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン