/

東証大引け 続伸、業績改善期待銘柄に資金流入 3連休前で上値限定

10日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比110円70銭(0.47%)高の2万3850円57銭で終えた。中東情勢に対する警戒感の後退で前日の米ダウ工業株30種平均が最高値を更新したのを受け、運用リスクを取りやすくなった投資家の買いが続いた。外国為替市場で円が対ドルで下落したのも支えになった。一方で、3連休を控えた持ち高整理の売りは相場全体の上値を抑えた。

年初から波乱のスタートとなった金融・資本市場が足元で落ち着きの兆しを見せるなか、設備投資関連や半導体関連など業績の底入れ・回復期待のある銘柄を選別する動きがみられた。ただ、9日に2020年8月期の通期業績予想を下方修正したファストリに売りが膨らみ、相場全体の重荷になった。

午前の買い一巡後は持ち高整理の売りをこなしつつ、小幅高で推移する時間帯が長かった。日本時間今夜に発表される2019年12月の米雇用統計や3連休中の中東情勢に対する様子見姿勢から、持ち高を一方向に傾ける動きは出にくかった。

JPX日経インデックス400は続伸した。終値は前日比62.81ポイント(0.41%)高の1万5518.71だった。東証株価指数(TOPIX)も続伸し、6.11ポイント(0.35%)高の1735.16で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆1678億円。売買高は10億9160万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は977、値下がりは1076、変わらずは107銘柄だった。

個別ではソフトバンクグループ(SBG)やファナック東エレクが高い。安川電アドテストバンナムHDファミマが上昇した。一方、KDDI信越化デンソーブリヂストンが下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン