4/6 5:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,063,386億円
  • 東証2部 54,055億円
  • ジャスダック 71,682億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 0.96倍 --
株価収益率12.05倍13.24倍
株式益回り8.29%7.54%
配当利回り2.53% 2.53%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 17,820.19 +1.47
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
17,680 -180

[PR]

国内株概況

東証14時 伸び悩み 個人の売りが重荷

2019/8/8 14:17
保存
共有
印刷
その他

8日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価が伸び悩んでいる。前日比80円ほど高い2万0600円前後で推移している。新たな取引材料に欠けるなか、個人投資家などの利益確定を目的とした売りが相場の重荷となっている。市場では「これまで発表された主要企業の決算はほぼ想定内の結果だ。日本独自の買い材料に乏しく、米中貿易摩擦など海外情勢の改善を待っている状況だ」(りそな銀行の戸田浩司チーフ・ファンド・マネージャー)との声が聞かれた。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆3716億円、売買高は8億238万株だった。

アドテスト東エレクSUMCOといった半導体関連株が高い。ファストリダイキンが上昇している。一方、ソフトバンクグループ(SBG)や丸井G豊田通商が安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム