時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,413,851億円
  • 東証2部 73,279億円
  • ジャスダック 94,437億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.23倍 --
株価収益率14.92倍15.61倍
株式益回り6.70%6.40%
配当利回り1.92% 1.92%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,141.55 -178.32
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,120 -180

[PR]

国内株概況

東証14時 小動き EU離脱巡る英議会の動向見極め

2019/10/18 14:15
保存
共有
印刷
その他

18日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は小動きだ。前日比70円ほど高い2万2500円台前半で膠着している。上海株安を受けた後場寄り付き直後の売りが一巡し、企業業績の底入れを期待する買いが相場を支えている。週末に加え、19日に英議会で欧州連合(EU)離脱を巡る新案の採択を控え、模様眺めの投資家も多い。

市場では「新離脱案の英議会での承認のハードルは高いが、仮に承認された場合は投資家のリスク許容度が高まることが予想され、積極的には売りにくい局面」(三井住友DSアセットマネジメントの市川雅浩シニアストラテジスト)との声が聞かれた。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆3065億円、売買高は7億3716万株だった。

ファストリファナックが堅調。スクリンアドテストが高く、リクルートエムスリーが上昇している。一方、資生堂花王が軟調。東エレクキヤノンオリンパスが安く、NTTKDDIが下落している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム