/

東証14時 高値圏で小動き、円安基調に安心感 Jディスプレ急伸

28日午後の東京株式市場で日経平均株価は高値圏で小動きとなっている。前日比100円ほど高い2万0300円台半ばの水準。円安基調が買い安心感につながっている。一方、相場は年初来高値圏にあり、利益確定売りで上値は伸びにくくなっている。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆7738億円、売買高は10億8510万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1264と全体の6割強だった。値下がりは657、変わらずは105だった。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はともに小動き。

業種別TOPIXでは「金属製品」、「その他製品」や「繊維製品」が上昇し、「電気・ガス業」や「海運業」が売られている。

米アップルが液晶パネルに関心を寄せていると伝わったJディスプレが急伸。三菱ケミHD大和ハウス大ガスが買われた。任天堂丸紅が高い。半面、住友不ファストリ日産自が安く、第一三共中部電が売られた。日本郵政は下げている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン