東証14時、一時上げ幅600円超 上海株高で現物株に買い戻し

2015/8/28付
保存
共有
印刷
その他

28日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は一時上げ幅を広げた。前日比600円強高い1万9100円台後半に上昇する場面があった。21日以来1週間ぶりの高値水準に上昇した。中国・上海株などアジア各国・地域の株高を背景に主力株中心に買いが広がった。週末を前に現物株の売り持ち高を買い戻す動きも出たようだ。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も上げ幅を広げた。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で2兆1017億円、売買高は21億0979万株。東証1部の値上がり銘柄数は1818、値下がり銘柄数は65、変わらずは9となっている。

トヨタシャープ野村が上げ幅を広げた。一方、ミネベアは下げに転じた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]