5/26 4:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 衰えるバフェット氏の手腕 指数に勝てず含み益も急減[有料会員限定]
  2. 2位: 「逆転」が示す新秩序 息吹き返す個別株投資[有料会員限定]
  3. 3位: トリドール、今期最終赤字7億円 新業態など店舗減損
  4. 4位: 「コロナ、株主第一主義に変化」日本取引所の清田CEO[有料会員限定]
  5. 5位: 神戸製鋼所、高シェアでも「金のならない木」の悩み[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,742,684億円
  • 東証2部 63,131億円
  • ジャスダック 89,827億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.13倍 --
株価収益率17.07倍25.93倍
株式益回り5.85%3.85%
配当利回り2.12% 1.31%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,741.65 +353.49
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
20,820 +460

[PR]

国内株概況

東証14時 小動き、新規材料乏しく戻り売り

2020/3/18 14:23
保存
共有
印刷
その他

18日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は小動きとなっている。前日比160円ほど高い1万7100円台後半で推移している。新型コロナウイルスの感染拡大で各国が金融・財政の両面で経済対策に乗り出すとの期待から、投資家の運用リスクを避ける姿勢が弱まった。新規の取引材料に乏しいなか、高値では戻り売りも出ている。

東証株価指数(TOPIX)は後場に上げ幅を広げ、一時3.6%高となった。公的年金の買い観測や、日銀が16日に上場投資信託(ETF)買い入れの上限を引き上げたことを受け、日経平均と比べたTOPIXの上昇率の大きさが目立っている。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で2兆8421億円、売買高は18億5837万株だった。

ユニチャーム花王が上げ幅を拡大。JR東海JR東日本も一段高。ANAHDNTTドコモも高い。一方、NTTKDDIが下げ幅を拡大。日立東芝も一段安となっている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム