時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,143,645億円
  • 東証2部 66,778億円
  • ジャスダック 93,147億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.32倍23.59倍
株式益回り5.17%4.23%
配当利回り2.02% 1.34%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,863.73 +167.99
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
22,870 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

2020年 株主総会のポイント [映像あり]

日経CNBCコメンテーター 崔 真淑

2020年6月5日

10兆円予備費「緊急の経費に限定」 官房長官 [映像あり]

米ガソリン価格が反発 4月安値から1割高

2020年6月5日

[PR]

国内株概況

東証14時 堅調、配当再投資の買い意識

2020/3/27 14:16
保存
共有
印刷
その他

27日の後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は堅調。前日比370円ほど高い1万9030円近辺で推移している。きょうは3月期決算企業の期末配当の権利付き最終売買日にあたる。株価指数に連動して運用する機関投資家は受け取る配当金を再投資するため、「大引けにかけて先物にまとまった買いを入れるとの観測が意識されている」(外資系証券トレーダー)という。日経平均は前引けにかけて新型コロナ不安を背景に失速したものの、後場に入って再び強含む展開となっている。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で2兆3686億円、売買高は14億6979万株だった。

塩野義大塚HDが一段高。富士通住友電も上げ幅を広げた。東エレク信越化ソフトバンクGも引き続き買われている。一方、セブン&アイ楽天が安い。JXTGやファストリも下落している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム