時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,460,399億円
  • 東証2部 72,886億円
  • ジャスダック 94,869億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.24倍 --
株価収益率15.02倍15.74倍
株式益回り6.65%6.35%
配当利回り1.91% 1.90%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,303.32 +161.77
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,340 +220

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

11月15日(金)14:19

メルカリ 100ヵ国以上で越境販売 BEENOSと提携[映像あり]

習主席 香港警察を「強く支持」 抗議活動を非難

11月15日(金)13:04

[PR]

国内株概況

東証14時 高値圏で推移 「投信の先物買い期待」が支え

2019/8/27 14:22
保存
共有
印刷
その他

27日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は前日比240円ほど高い2万0500円近辺と、きょうこれまでの高値圏で推移している。日本時間27日の米シカゴ市場で米株価指数先物が底堅く推移し、投資家の安心感につながっている。外国為替市場では米金利低下を受け円相場が一時上げに転じたため、積極的に上値を追う動きはみられない。

26日の株安進行時に国内投資家が日経平均の2倍の騰落率になるよう運用するレバレッジ型の上場投資信託(ETF)に買いを入れたとの声が多い。市場では「先高観は根強いため、同ETFの在庫を増やそうと考えている証券会社の自己売買部門からの新規設定要請を受けた投信会社による先物買いへの期待が相場を支えている」(外国証券)との見方があった。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆470億円、売買高は6億3770万株だった。

日立建機国際石開帝石良品計画が上昇。LINEオービックキヤノンが上げている。一方、MS&AD大東建東京海上が下落している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム