時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,185,022億円
  • 東証2部 70,843億円
  • ジャスダック 93,128億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率14.38倍14.27倍
株式益回り6.95%7.00%
配当利回り2.00% 2.00%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,451.86 -21.06
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,460 -30

[PR]

国内株概況

東証14時 引き続き堅調、「売り方が買い戻し」の声

2019/9/17 14:19
保存
共有
印刷
その他

17日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は小幅高となっている。前週末比で10円ほど高い2万2000円近辺で推移している。中国本土や香港市場の主要株価指数が一時、1%を超す下げとなったのに対し、日経平均の下げが限られており、売り持ち高を解消する目的の投資家から買い戻しが入った。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆5825億円、売買高は8億9800万株だった。国内外の機関投資家が割安株などに資金を移す流れが続くなか、「相場の下落を見込んだ逆張り志向の個人投資家が、相場の堅調さをみて断続的に買い戻しを入れている」(国内証券の投資情報担当者)との見方が出ていた。

資生堂キリンHDが強含み。三井不住友不が堅調だ。川重NEC日精工が高い。一方、SMCが下げ幅を拡大。日電硝大平金住友化が軟調。日東電が安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム