時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,521,749億円
  • 東証2部 75,154億円
  • ジャスダック 98,661億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.25倍 --
株価収益率15.17倍15.94倍
株式益回り6.59%6.26%
配当利回り1.89% 1.89%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,424.81 +32.95
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,470 +100

[PR]

国内株概況

東証14時 小安い水準で膠着 個別物色、トヨタが年初来高値

2019/11/7 14:13
保存
共有
印刷
その他

7日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は小安い水準での膠着。前日比20円ほど安い2万3280円近辺で推移している。2019年4~9月期決算発表が相次ぐなかで個別銘柄の物色が中心になっており、相場全体の方向性は出ていない。

トヨタが13時25分に発表した19年4~9月期の連結決算(米国会計基準)は純利益が前年同期比3%増の1兆2749億円と過去最高だった。同時に発表した自社株買いも好感されてトヨタが年初来高値を更新し、投資心理を支えている。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆6181億円、売買高は8億8861万株だった。

オリックス大和ハウスリクルートが上昇している。アドテストゼンショHD森永乳も上げている。一方、デンソー塩野義JR東海が下落。セコムエーザイ信越化が売られている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム