2018年7月17日(火)

7/17 9:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米国株、ダウ3日続伸で44ドル高 銀行株高い、ボーイングも指数押し上げ
  2. 2位: エーザイ、株高導く「1兆円」新薬の潜在力[有料会員限定]
  3. 3位: NY商品、原油が反落 ロシアが増産の観測、イラン制裁緩和の思惑も広がる
  4. 4位: 日本製紙、生産削減も下げ止まらぬ株価[有料会員限定]
  5. 5位: 112円台で巨額のドル売り FX投資家の次の一手[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,516,053億円
  • 東証2部 98,545億円
  • ジャスダック 104,440億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.31倍 --
株価収益率14.47倍14.93倍
株式益回り6.90%6.69%
配当利回り1.67% 1.71%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,646.50 +49.15
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,570 -30

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

7月13日(金)14:19

ウォルマート 西友売却「決定していない」[映像あり]

トランプ氏が英との貿易協定に難色 穏健離脱を批判

7月13日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証14時 高値圏で推移 25日移動平均が上値抵抗に

2017/12/7 14:14
保存
共有
印刷
その他

 7日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は、前日比250円ほど高い2万2400円台半ばと引き続ききょうの高値圏で推移している。出遅れていた国内投資家から押し目買いが入っている。一方、中国景気の先行き懸念から上値を追う動きはみられない。

 市場では「日経平均は25日移動平均(前日終値時点で2万2513円)が上値抵抗水準として意識され、利益確定売りが出ている」(みずほ証券の三浦豊シニアテクニカルアナリスト)との声があった。

 JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も上げ幅を縮小した。

 14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆7825億円、売買高は10億6107万株。東証1部の値上がり銘柄数は1705、値下がり銘柄数は280、変わらずは60となっている。

 東エレク日電産などハイテク株が上げ幅を拡大した。OLCは年初来高値を更新。旭化成ユニチャームも高い。半面、中部電は下げ幅を拡大した。楽天第一三共も安い。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

新着記事一覧

読まれたコラム