11/17 13:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,460,399億円
  • 東証2部 72,886億円
  • ジャスダック 94,869億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.24倍 --
株価収益率15.02倍15.74倍
株式益回り6.65%6.35%
配当利回り1.91% 1.90%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,303.32 +161.77
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,340 +220

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

11月15日(金)14:19

メルカリ 100ヵ国以上で越境販売 BEENOSと提携[映像あり]

習主席 香港警察を「強く支持」 抗議活動を非難

11月15日(金)13:04

[PR]

国内株概況

東証14時 伸び悩み、国内勢の利益確定売りで 値がさ株は高い

2019/10/16 14:20
保存
共有
印刷
その他

16日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は前日比290円ほど高い2万2500円近辺で推移している。午後に同227円高の2万2434円まで伸び悩む場面があった。新規の買い材料が乏しいなか、売り方の買い戻しなどが一巡し買いの勢いが弱まっている。「株高進行を受けて一部の機関投資家が利益確定売りに動いたのも日経平均の上げ幅縮小につながった」(国内証券のストラテジスト)との声が出ている。

日経平均株価を対象としたオプションの価格から算出する日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)は前日比で上昇している。「株価の先高観が強まり、権利行使価格が高いコール(買う権利)への買いが優勢になっている」(国内銀行の株式運用担当者)との見方が出ている。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆6808億円、売買高は10億486万株だった。

ファストリファナック京セラなど値がさ株が高い。KDDIアステラスも上昇している。一方、住友鉱JR東日本オリックスは下げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム