2019年3月24日(日)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,168,825億円
  • 東証2部 76,761億円
  • ジャスダック 91,662億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.54倍14.13倍
株式益回り7.38%7.07%
配当利回り1.86% 1.94%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,627.34 +18.42
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,340 -90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

3月22日(金)14:20

第一生命 虎ノ門の新ビルに600億円投資[映像あり]

日本郵便 郵便局の敷地で「レベル4」の自動運転

3月22日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証14時 下げ幅600円超に拡大 円高に歩調あわせ先物に売り

2018/12/6 14:20
保存
共有
印刷
その他

6日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は一段と下げ幅を広げている。一時2万1300円ちょうどに迫り、前日からの下げ幅は600円を超えた。米中摩擦再燃懸念に加え、外国為替市場で円相場が1ドル=112円50銭台まで上昇し、円高に歩調をあわせるように株価指数先物への売りが断続的に出た。投資家が運用リスクを回避する姿勢を強めるとの見方から、株価指数先物を売って債券先物を買う動きも出ているもようだ。

相場が大きく下げているが、機関投資家などの買いは入っていないとみられる。みずほ証券の永田尋嗣シニアストラテジストは「米中貿易摩擦に加え、欧州連合(EU)からの離脱案を巡る英議会の混迷など売り材料に事欠かない半面、買い材料はほどんと見当たらない」とみていた。

14時時点の東証1部の売買代金は概算で1兆7201億円、売買高は10億1451万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1882と、12時45分時点からやや増加した。値上りは193、変わらずは44銘柄だった。

TDKソニーが一段安。日産自ソフトバンクSUMCOファストリなども安い。一方、ユニファミマNECなどは上昇している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム