/

東証14時 安値圏で小動き 米失業保険申請件数に警戒

16日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は安値圏での小動きが続き、前日比300円ほど安い1万9200円台半ばの水準で推移している。米経済指標が新型コロナウイルスによる米景気の悪化を示し、前日の米株安を招いたため、日本時間夜に発表される週間の米新規失業保険申請件数への警戒が強く、投資家心理の重荷になっている。

市場では「ヘッジファンドなどが新型コロナウイルスの感染がピークアウトしつつある欧米株を買い、感染拡大が続く日本株を売っている」(みずほ証券の三浦豊シニアテクニカルアナリスト)との指摘もある。一方、日銀の株価指数連動型上場投資信託(ETF)買い期待が相場を下支えしている。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆4341億円、売買高は8億4763万株だった。

シスメックス住友不パナソニックは安い。日産自三井住友FG日立も売られた。半面、NTTソフトバンクG(SBG)は高い。味の素中部電も買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン