/

東証14時 一段高、ZHDやオリンパスが高い

26日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は一段高となり、前日比180円ほど高い2万6400円台後半で推移している。新型コロナウイルスのワクチン開発の進展や各国政府・中央銀行による政策対応への期待を背景に、リスク選好の流れが続いている。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆7273億円、売買高は8億1900万株だった。

ZHDオリンパスが高い。東エレクスクリン信越化など半導体関連株も堅調だ。TDKが年初来高値を連日で更新した。一方、Jフロント高島屋など小売業株の一角が安い。東ガス大ガスも軟調だ。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン