/

東証14時 安値圏で小動き 2万3500円割れで押し目買い

15日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は安値圏で小動き。前日比130円ほど安い2万3500円近辺で推移している。米追加経済対策の成立が遅れるとの懸念が引き続き重荷になる半面、2万3500円を下回る水準では押し目買いが入っている。2020年4~9月期の決算発表本格化を前に、投資家の動きは鈍い。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆2157億円、売買高は6億871万株だった。

三越伊勢丹が売られているほか、高島屋Jフロントも安い。ニコンオムロン、ZHD、楽天ソフトバンクグループ(SBG)なども下落している。半面、大日印日東電TDKは買われている。三菱自日産自は堅調。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン