2017年11月23日(木)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,649,594億円
  • 東証2部 109,029億円
  • ジャスダック 108,837億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.38倍 --
株価収益率18.10倍16.49倍
株式益回り5.52%6.06%
配当利回り1.45% 1.53%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 22,523.15 +106.67
日経平均先物(円)
大取,17/12月
22,580 +130

[PR]

国内株概況

東証14時 安値圏での動き、海外ファンドが利益確定の売り

2017/11/15 14:20
保存
共有
印刷
その他

 15日午後中ごろの東京株式市場で日経平均株価は前日比330円ほど安い2万2050円前後と安値圏での動きになっている。海外ファンドが12月の決算期末に向け、利益確定の売りが出ているとみられる。午後に一段安となったため、押し目買いを入れるタイミングを探っていた個人が萎縮し、株価の反発力が乏しくなっているとの見方もあった。

 14時現在の東証1部の売買代金は概算で2兆6630億円、売買高は15億8281万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1903、値上がり110、変わらず22だった。

 JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も下落している。業種別TOPIXでは「鉱業」や「石油石炭製品」、「鉄鋼」の下げが目立つ。

 JFE新日鉄住金が安い。ヤマトHDセブン&アイが下げ幅を広げた。中部電大ガス関西電も下落している。半面、大塚HD第一生命HD資生堂昭電工が買われている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム