10/22 5:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,202,877億円
  • 東証2部 71,288億円
  • ジャスダック 93,288億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率14.42倍14.31倍
株式益回り6.93%6.98%
配当利回り1.99% 2.00%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,548.90 +56.22
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,570 +110

[PR]

国内株概況

東証14時 やや下げ幅拡大 半導体関連の下げ目立つ

2019/3/5 14:16
保存
共有
印刷
その他

5日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価はやや下げ幅を拡大し、前日比130円ほど安い2万1600円台後半と後場の安値圏で推移している。世界景気の減速懸念を背景とした需要の先行き不透明感などから、スクリンアドテストSUMCOなど半導体関連の一角が安く、相場全体の重荷となっている。目新しい材料が乏しく、いったん利益確定の売りを出す動きも続いている。半面、日銀による上場投資信託(ETF)買いの思惑などは引き続き下支え要因で、前場の安値を探るような動きは特にみられない。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆3836億円、売買高は7億8373万株だった。

デンソーアサヒKDDI日立建機が安い。一方、オリンパス協和キリン第一三共が高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム