8/25 12:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,741,290億円
  • 東証2部 67,983億円
  • ジャスダック 86,195億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.11倍 --
株価収益率13.35倍13.19倍
株式益回り7.48%7.58%
配当利回り2.14% 2.15%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,710.91 +82.90
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,720 +100

[PR]

国内株概況

東証14時 膠着 新規材料乏しく、午後の値幅は39円

2019/6/24 14:16
保存
共有
印刷
その他

24日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は膠着している。前週末比40円ほど高い2万1300円近辺で推移している。午後の値幅(高値と安値の差)は39円と、小幅な範囲での動きが続いている。目新しい取引材料に乏しく、持ち高を一方向に傾ける投資家は少ない。

中国の王受文商務次官が米中が通商協議で譲歩すべきだと述べたとの一部報道を受け、日経平均は後場寄り直後に上昇する場面があった。ただ「米国側からの発言は出ておらず、交渉が順調に進むとの見方は依然としてできない」(国内証券のストラテジスト)との受け止めも多く、上値の重い推移となっている。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で9838億円、売買高は5億8225万株だった。

大塚HD第一三共JSRが堅調。ペプドリ東京建物マキタも上昇している。一方、日本新薬丸井G日本紙が軟調。マツキヨHDスズキディスコが安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム