時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,618,064億円
  • 東証2部 75,323億円
  • ジャスダック 99,021億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.27倍 --
株価収益率15.39倍16.18倍
株式益回り6.49%6.17%
配当利回り1.87% 1.87%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,023.10 +598.29
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証14時 小安い、円安・アジア株高支え

2019/1/24 14:24
保存
共有
印刷
その他

24日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は小安い水準での値動き。前日比30円ほど安い2万0500円台半ばで推移している。外国為替市場で円相場がやや円安方向に進んだほか、中国・上海や香港などアジア市場が上昇していることが相場を下支えした。25日以降に主要企業が2018年4~12月期の決算を発表するのを前に、総じて買い見送りムードが強い。

ピクテ投信投資顧問の松元浩常務執行役員は「世界経済に下振れリスクがあるなかで、決算を確認してからでないと売買できないと慎重姿勢の海外投資家が多い」と指摘。三菱UFJ国際投信の高田穣チーフファンドマネジャーも「小型株を中心に割安感のある銘柄は出てきたが、業績内容を見極めてからで遅くない」とみていた。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆2955億円と、前日の同時点(1兆3127億円)を下回る。売買高は8億1195万株だった。

MS&ADソニーが安い。KDDIアサヒユニファミマが下落している。一方、東エレクアステラスは一段高となった。富士通三菱ケミHD三菱電が高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム