時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,587,207億円
  • 東証2部 78,334億円
  • ジャスダック 101,681億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.26倍 --
株価収益率15.30倍16.21倍
株式益回り6.53%6.16%
配当利回り1.87% 1.88%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,827.18 +31.74
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,800 +50

[PR]

国内株概況

東証14時 軟調、中国経済の好転期待が剥落

2019/11/14 14:20
保存
共有
印刷
その他

14日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は軟調。前日比160円ほど安い2万3100円台半ばで推移している。中国経済の先行き不透明感や日銀の上場投資信託(ETF)見送り観測などを嫌気し、午後に一時下げ幅は250円を超えた。ただ、その後は売り方の買い戻しが入り、やや下げ渋っている。

市場からは「午前発表の中国経済指標を受け米中貿易協議の前進が中国経済の好転につながるとの期待感が剥落しており、これまで買ってきた投資家が午後に入り利益確定売りに出した」(松井証券の窪田朋一郎シニアマーケットアナリスト)との見方があった。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆5513億円、売買高は10億2764万株だった。

マツダホンダトヨタなどの自動車株が安い。楽天三菱UFJなども売られている。一方、リクルートヤマハアサヒは高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム