/

東証14時 小幅安、ディフェンシブ株に買い戻し

4日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は小幅安で推移。前日比50円ほど安い2万1700円台前半で推移している。日銀による上場投資信託(ETF)買いの観測が相場の下げ渋りを誘った。業績に安定感のある「ディフェンシブ銘柄」への買いも相場を支えている。もっとも4日は米市場が独立記念日で休場になるため、海外投資家を中心に積極的に持ち高を傾けるムードは乏しい。

ディフェンシブ銘柄と位置付けられる資生堂花王NTTドコモKDDIなどが午後に上げ幅を広げた。「最近売られすぎとの見方がでていたディフェンシブ株に、海外ヘッジファンドから買い戻しが入っている」(外資系証券トレーダー)との声があった。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆4655億円、売買高は9億6296万株だった。

任天堂村田製ファナックが引き続き軟調。ブリヂストンデンソーも安い。一方、JXTGや住友商三井物は高い。味の素イオンも堅調。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン