時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,908,297億円
  • 東証2部 67,233億円
  • ジャスダック 93,868億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.17倍 --
株価収益率18.60倍22.14倍
株式益回り5.37%4.51%
配当利回り2.10% 1.83%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,329.94 -88.21
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,340 -50

[PR]

国内株概況

東証14時 下げ幅300円超える、2万円割れ 米株先物の下落で

2020/5/14 14:18
保存
共有
印刷
その他

14日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は一段安となっている。一時は1万9940円近辺と前日比の下げ幅で300円を超え、取引時間中としては8日以来4営業日ぶりに節目の2万円を割り込んだ。日本時間14日の米シカゴ市場で米株価指数先物が下げ幅を広げている。米景気懸念を背景とした米株安への警戒感や14日のアジア株安を材料に、持ち高調整の売りが出ている。

午前の相場下落を受けて日銀が上場投資信託(ETF)を買い入れるとの観測が浮上している。ただ、日銀以外の買い手が乏しく相場の底堅さが保たれず、「短期勢から見切り売りが出ている」(外資系証券の株式トレーダー)との声があった。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆4218億円、売買高は8億7841万株だった。

大和ハウスや東レファナックが下落。リクルートホンダ、日立も安い。半面、資生堂ユニチャームモノタロウが上昇。レンゴー大陽日酸が上げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム