/

東証14時 堅調、イエレン氏の財務長官就任に期待

一時600円超上げ、2万6200円台で推移する日経平均株価(24日午後、東京都中央区)

24日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は前週末比670円ほど高い2万6200円近辺で堅調に推移している。新型コロナウイルスワクチン開発の進展や、米次期財務長官に米連邦準備理事会(FRB)のイエレン前議長を充てる人事が有力と伝わったことを好感した買いが続いている。

マネックス証券の広木隆チーフ・ストラテジストは「イエレン前議長が財務長官に就任すれば、FRBと政府がより連携して新型コロナに対処できるとの期待が広がっている」と指摘した。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で2兆118億円、売買高は9億7303万株だった。

個別ではファストリ東エレクアドテスト信越化エムスリーファナックテルモダイキンなどが高い。一方、KDDIニチレイANAHDは売られている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン