/

東証14時 高値圏で膠着、レバETFの先物買い期待が支え

3日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は高値圏で膠着している。前週末比440円ほど高い2万2150円近辺で推移している。短期筋による買い戻しが一巡している。新規の取引材料は乏しく、持ち高を一方向に傾ける動きは限定的だ。

日経平均が400円を超えて上昇していることで、「取引終了にかけては指数の2倍の値動きを目指して運用するレバレッジ型上場投資信託(ETF)から先物の保有枚数を調整するための買いが優勢になる可能性がある」(国内証券のストラテジスト)との見方があり、相場を支えている。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆6682億円、売買高は9億5479万株だった。

3日に2020年4~6月期決算を発表したエーザイが上昇。ZHDは制限値幅の上限(ストップ高水準)を付け、買い気配となっている。ZOZOファストリソニーが上げている。パナソニック塩野義コマツが下落。キーエンスアドテストNECが安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン