6/4 8:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,100,325億円
  • 東証2部 65,794億円
  • ジャスダック 92,801億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.21倍 --
株価収益率19.16倍24.30倍
株式益回り5.21%4.11%
配当利回り2.02% 1.33%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) -- --
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
22,730 +360

[PR]

国内株概況

東証14時 安値圏で推移 米雇用統計控え、先物主導で先回り売り

2020/4/3 14:14
保存
共有
印刷
その他

3日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は安値圏での動きが続いている。前日比100円ほど安い1万7700円台前半で推移している。「日銀はきょう上場投資信託(ETF)買い入れに動かない」との見方が出ているほか、日本時間3日夜に発表を控える3月の米雇用統計が大幅に悪化するとの警戒感から海外投資家を中心に先物主導で先回りの売りが出た。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の鮎貝正弘シニア投資ストラテジストは「米国で週間の新規失業保険申請件数が大幅に増えており、3月の米雇用統計に対する警戒感は強まっている」と指摘。「年度末のリバランスの買いも一巡し、中長期視点の投資家を中心に買いを手控える状況は続きそうだ」とみていた。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆5812億円、売買高は10億1085万株だった。

SUBARU横浜ゴムが一段安。Jフロント三越伊勢丹も下げ幅を拡大。アルプスアルミネベアも一段安。一方、デンカ富士フイルムが高い。大ガス東ガスも上昇している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム