/

東証14時 高値圏で小動き 東芝は支え

12日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は高値圏で小動き。前日比60円ほど高い2万2800円台前半で推移している。午後に決算を発表した東芝が一時上げに転じているほか、ENEOSが一段高となり相場の支えになっている。ただ、ほかには追加の売買材料が乏しく、積極的に上値を追う動きはみられない。散発的に利益確定売りも出ている。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆7827億円、売買高は10億5083万株だった。

資生堂三越伊勢丹が買われているほか、NTN日精工が上昇している。東ガス東電HDも高い。半面、太陽誘電TDKが売られている。楽天やヤマトHDも安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン