時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,908,297億円
  • 東証2部 67,233億円
  • ジャスダック 93,868億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.17倍 --
株価収益率18.60倍22.14倍
株式益回り5.37%4.51%
配当利回り2.10% 1.83%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,329.94 -88.21
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,340 -50

[PR]

国内株概況

東証14時 もみ合い、米雇用統計の内容見極めで

2020/7/2 14:13
保存
共有
印刷
その他

2日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価はもみ合いが続き、前日比40円ほど高い2万2100円台後半で推移している。東京都内で新型コロナウイルスの2日の新規感染者が100人以上になったと伝わり、一時下落に転じる場面もあった。ただ、アジア株や米株価指数先物の相場が堅調なこともあり、再びプラス圏に転じて推移している。

6月の米雇用統計が日本時間2日夜に発表される。通常だと金曜日の発表だが、今回は週末をまたがず翌日の株式相場に結果が反映されるということもあり、内容を見極めたいとするムードが広がっている。「ここから買いを加速する雰囲気ではない」(ある運用会社の日本株担当者)。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆5179億円、売買高は9億2391万株だった。

SUBARUNTTドコモが上げ幅を広げている。一方、東急不HDが下げに転じ、ユニチカが下げ幅を広げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム