11/28 18:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,786,647億円
  • 東証2部 68,796億円
  • ジャスダック 101,925億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.31倍 --
株価収益率21.64倍27.38倍
株式益回り4.61%3.65%
配当利回り1.83% 1.63%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 26,644.71 +107.40
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
26,630 +50

[PR]

国内株概況

東証14時 高値圏で推移、米大統領選後「アジア市場に視線集まる」の声も

2020/10/21 14:14
保存
共有
印刷
その他

21日後場中ごろの東京株式市場で、日経平均株価は前日比100円ほど高い2万3600円台後半で推移している。追加の取引材料に乏しいが、米ダウ工業株30種平均の先物相場が日本時間21日午後にじわりと切り上げていることを支えに、高値圏での一進一退が続いている。

足元では様子見ムードが強まるなか、11月の米大統領選後は「アジア市場に資金が向かう局面があるのではないか」と海外運用会社マネジャーは指摘する。欧米で新型コロナウイルスの感染再拡大が進み、株価も割高な水準になる半面、アジアは感染も比較的広がっておらず、株価には出遅れ感があるという。日本については不動産市場で海外ファンドの進出が相次いで伝わり、株式市場も注目されるのではないかとみる。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆2726億円、売買高は6億5860万株だった。

東海カ大平金は上げ幅を広げた。一方、NECZHDは下げ幅を広げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム