時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,168,748億円
  • 東証2部 54,798億円
  • ジャスダック 73,356億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 0.97倍 --
株価収益率12.29倍13.44倍
株式益回り8.13%7.43%
配当利回り2.45% 2.45%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 18,065.41 -851.60
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
17,820 -890

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

暗い材料ばかりでない! [映像あり]

2020年4月1日

今こそ銘柄クエスト 長い冬に備える未来のブルーチップ [映像あり]

日本経済新聞 田中 彰一コンテンツプロデューサー

2020年3月31日

[PR]

国内株概況

東証14時 小安い水準で膠着 3連休控え積極的な売買は見送り

2020/2/21 14:12
保存
共有
印刷
その他

21日後場中ごろの東京株式市場で、日経平均株価は小安い水準で膠着感を強めている。前日比30円程度安い2万3400円台半ばで推移している。3連休を控えた週末を迎えているうえ、連休中の新型肺炎の感染拡大状況などを見極めたいといった雰囲気が強く、積極的な売買は見送られている。現時点ではやや売りが優勢で、市場では個人投資家について「銘柄ごとに濃淡はあるものの、全体として見れば緩やかながら利益確定売りに動いている」(松井証券の窪田朋一郎シニアマーケットアナリスト)との声が聞かれた。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆3991億円、売買高は7億8770万株だった。

セコム日東電味の素が軟調。ユニチャームも安い。半面、武田や東レ東ガスが堅調。楽天が引き続き高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム