2019年7月18日(木)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,984,525億円
  • 東証2部 70,866億円
  • ジャスダック 88,376億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率14.01倍13.57倍
株式益回り7.13%7.36%
配当利回り2.05% 2.06%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,078.81 -390.37
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,040 -380

[PR]

国内株概況

東証14時 堅調 中国株高が支え、日銀総裁会見前に様子見も

2019/6/20 14:14
保存
共有
印刷
その他

20日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は堅調に推移している。前日から150円あまり上昇し、2万1500円に迫る場面があった。早期の米利下げ観測が強まるなか、中国人民銀行(中央銀行)も金融緩和姿勢を強めるとの思惑で中国・上海株式相場が大きく上昇。投資家心理が強気に傾き、株価指数先物に買いが入った。だが、大引け後の日銀の黒田東彦総裁の記者会見を見極めたいとして様子見ムードも強く、戻り売りも出た。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆2075億円、売買高は6億9930万株だった。

クボタKDDIが年初来高値を更新した。JR西日本OLCなども高い。一方、アサヒヤマトHDセブン&アイは下げ幅を拡大。ハウス食Gユニファミマが安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。