2019年6月19日(水)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,831,071億円
  • 東証2部 70,246億円
  • ジャスダック 85,843億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.13倍 --
株価収益率13.67倍13.24倍
株式益回り7.31%7.55%
配当利回り2.11% 2.12%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,333.87 +361.16
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,270 +360

[PR]

国内株概況

東証14時 膠着感強まる 米中協議停滞で様子見

2019/5/20 14:16
保存
共有
印刷
その他

20日後場中ごろの東京株式市場で、日経平均株価は前週末比80円程度高い2万1300円台前半で膠着感を強めている。市場の目下の懸念材料である米中貿易協議を巡っては「特段新しい話がなく、投資家は持ち高を傾けづらい」(東洋証券の大塚竜太ストラテジスト)状況が続いている。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆3807億円、売買高は8億5030万株だった。

個別ではダイキン任天堂コンコルディが高い。NTTNTTドコモも堅調だ。半面、クボタが安い。東エレク安川電信越化ファナックといった銘柄も引き続き軟調に推移している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム