2018年8月22日(水)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,341,863億円
  • 東証2部 94,009億円
  • ジャスダック 99,398億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.27倍 --
株価収益率14.07倍14.36倍
株式益回り7.10%6.96%
配当利回り1.74% 1.78%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,219.73 +20.73
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,220 +60

[PR]

国内株概況

東証14時、膠着 円伸び悩みも手掛かり難、トヨタが上げに転じる

2017/1/30 14:26
保存
共有
印刷
その他

 30日後場中ごろの東京株式市場で、日経平均株価は前週末比120円程度安い1万9300円台半ばで膠着感を強めている。円相場が1ドル=114円台半ばまで伸び悩み、日経平均も下げ渋る場面がある。日銀の上場投資信託(ETF)買いが相場を下支えするとの思惑も、引き続き下値を支えている。トヨタホンダなどは販売動向が想定を上回ったとして上昇に転じたほか、三菱UFJも午後に下げ渋っている。もっとも、手掛かり材料難から買いの勢いは鈍い。

 低調な収益動向が改めて意識されている「銀行業」を中心に、収益が金利の影響を受けやすい「保険業」も引き続き安い。「化学」も軟調だ。半面、「石油石炭製品」は堅調。資源価格回復で業績改善期待の高まる「海運」も高い。主力銘柄の決算発表を明日に控えて「鉄鋼」も堅調だった。

 14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆3099億円、売買高は11億268万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1053、値上がりは794、変わらずは154銘柄だった。

 ファストリソフトバンクが引き続き安く、2銘柄で日経平均を35円押し下げている。ファナックKDDIも安い。前引け後に自社株取得を発表した日本取引所が午後に急伸した。アサヒは昨年来高値を付けた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム