時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,920,021億円
  • 東証2部 67,113億円
  • ジャスダック 93,530億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.17倍 --
株価収益率18.65倍21.53倍
株式益回り5.36%4.64%
配当利回り2.09% 1.82%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,418.15 -96.70
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,390 -120

[PR]

国内株概況

東証14時 高値圏で小動き 成長株には買い

2020/6/10 14:14
保存
共有
印刷
その他

10日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価はきょうここまでの高値圏で小動きとなっている。前日比40円ほど高い2万3100円台前半で推移している。日本時間11日未明に予定されている米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、投資家の様子見姿勢が続いている。

このところ、鉄鋼や銀行などのバリュー(割安)株が買われてきたが、きょうはグロース(成長)株とされる医薬品の一角などの銘柄が高い。「幅広い銘柄に物色が循環していることがうかがえる」(国内証券のストラテジスト)とし、FOMCを無難に通過すれば株高基調は続きそうだとの見方もある。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆4886億円、売買高は8億4030万株だった。

中外薬アステラスなどの製薬会社をはじめ、信越化東エレクが買われている。HOYAリクルートソニーも上昇。半面、国際石開帝石日本製鉄三井住友トラは売られている。第一生命HDキリンHD住友不も下落。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム