時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,609,502億円
  • 東証2部 78,725億円
  • ジャスダック 102,004億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.26倍 --
株価収益率15.35倍16.23倍
株式益回り6.51%6.15%
配当利回り1.87% 1.87%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,041.26 +108.13
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
24,030 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

1月17日(金)14:20

SBIと筑邦銀が資本業務提携 「地銀連合構想」第3弾[映像あり]

中国 19年は6.1%成長に減速 29年ぶり低水準

1月17日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証後場寄り やや伸び悩み、過熱感から利益確定売り

2019/10/29 12:54
保存
共有
印刷
その他

29日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価はやや伸び悩み。前日比90円程度高い2万2900円台半ばでの推移となっている。連日の上昇と年初来高値の更新、さらに心理的節目の2万3000円に一時到達したことで過熱感が意識され、目先の利益を確定する目的の売りが上値を抑えている。一方、業種別の東証株価指数(TOPIX)で銀行業は一段高となっており「割安株に対する海外投資家の買いが相場の支えとなっている」(国内証券の投資情報担当者)との声も出ていた。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約179億円成立した。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆2705億円、売買高は7億7348万株だった。

三菱UFJ三井住友FGが上げ幅を拡大した。大日本住友第一三共が上昇。日本製鉄東邦鉛宇部興が高い。一方、ファストリファナックは軟調。東宝コナミHDが下落。日ハムキッコマンが安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム