/

東証後場寄り やや伸び悩み、過熱感から利益確定売り

29日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価はやや伸び悩み。前日比90円程度高い2万2900円台半ばでの推移となっている。連日の上昇と年初来高値の更新、さらに心理的節目の2万3000円に一時到達したことで過熱感が意識され、目先の利益を確定する目的の売りが上値を抑えている。一方、業種別の東証株価指数(TOPIX)で銀行業は一段高となっており「割安株に対する海外投資家の買いが相場の支えとなっている」(国内証券の投資情報担当者)との声も出ていた。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約179億円成立した。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆2705億円、売買高は7億7348万株だった。

三菱UFJ三井住友FGが上げ幅を拡大した。大日本住友第一三共が上昇。日本製鉄東邦鉛宇部興が高い。一方、ファストリファナックは軟調。東宝コナミHDが下落。日ハムキッコマンが安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン