時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,122,392億円
  • 東証2部 68,106億円
  • ジャスダック 93,458億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率19.29倍23.25倍
株式益回り5.18%4.30%
配当利回り2.04% 1.78%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,253.83 +409.87
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
23,260 +360

[PR]

国内株概況

東証後場寄り 強含む、「国内経済再開はプラス」の声、米ダウ先物上昇も

2020/6/19 13:11
保存
共有
印刷
その他

19日後場寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前引けに比べ強含む展開。前日比150円程度高い2万2500円近辺で推移している。米ダウ工業株30種平均先物の上昇につれて日経平均が強含んだ。

市場では、「国内の感染者数は諸外国と比べ抑えられており、経済再開に向けて動き出しているのはプラス。ただ企業業績の先行き不透明感は残り、現水準で積極的に手掛ける投資家は限られる」(みずほ証券の倉持靖彦ストラテジスト兼エコノミスト)との声も聞かれた。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約388億円成立した。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で9979億円、売買高は5億3712万株だった。

東エレクJALユニチャームが買われている。JR東海第一三共テルモも高い。半面、SOMPO三菱地所三菱ケミHDは売られている。第一生命HD住友電日本製鉄も安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム