時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,677,707億円
  • 東証2部 68,009億円
  • ジャスダック 85,712億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.10倍 --
株価収益率13.21倍13.04倍
株式益回り7.56%7.66%
配当利回り2.16% 2.17%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,520.20 +101.39
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,540 +150

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

8月16日(金)14:20

ユニゾ SBG系ファンドがTOB報道「きょう取締役会」[映像あり]

英領ジブラルタル当局 拿捕のイランタンカーを解放

8月16日(金)13:03

[PR]

国内株概況

東証後場寄り 上げ幅拡大、一時400円超高 アジア株堅調で

2019/7/19 12:59
保存
共有
印刷
その他

19日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は上げ幅を拡大した。前日比400円超高い2万1400円台前半まで上昇する場面があった。前日の米株高を背景に中国・上海株式相場などアジア株が総じて堅調に推移し、日本株市場でも運用リスクをとる動きが強まった。海外ヘッジファンドなど投機筋の買いが相場をけん引している。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約282億円成立した。12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆573億円、売買高は6億1987万株だった。

ソフトバンクGが一段高。SMCやパナソニック三菱電が上げ幅を広げた。ユニチャームキリンHD関西電も買われた。一方、東芝が下げ幅を広げた。日本郵政ファストリが引き続き安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム