2019年5月22日(水)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,909,346億円
  • 東証2部 72,399億円
  • ジャスダック 86,523億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.14倍 --
株価収益率13.83倍13.40倍
株式益回り7.22%7.46%
配当利回り2.08% 2.10%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,283.37 +10.92
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,280 +30

[PR]

国内株概況

東証後場寄り 伸び悩み 「海外勢が先物に持ち高調整売り」

2019/4/19 13:04
保存
共有
印刷
その他

19日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は伸び悩んでいる。一時は前日比72円高の2万2162円まで上げ幅を縮めた。週末とあって持ち高調整売りが出ている。市場では「直近の株価上昇局面で先物を買っていた海外ヘッジファンドが、日本の10連休を見据えて持ち高の一部を落としているようだ」(国内銀行の運用担当者)との声があった。

株価ボード

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約296億円成立した。12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆2451億円、売買高は5億6351万株だった。

東エレクダイキン日東電が高い。2019年3月期の業績予想を上方修正したツガミが一段高。資生堂コマツも上昇している。一方、第一生命HDLIXILグH2Oリテイが下落している。IHI良品計画NTTも安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム