2018年11月13日(火)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,288,815億円
  • 東証2部 86,748億円
  • ジャスダック 96,840億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.23倍 --
株価収益率13.96倍14.05倍
株式益回り7.15%7.11%
配当利回り1.75% 1.82%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,540.70 -729.18
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,520 -730

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

11月12日(月)14:18

大林組の4〜9月期純利益↑1% 米建築事業好調で[映像あり]

テレビ用液晶 中国勢の増産で4ヵ月ぶり値下がり

11月12日(月)13:04

[PR]

国内株概況

東証後場寄り 一段安、その後は下げ渋る 日銀ETF買い巡り思惑

2018/11/9 13:04
保存
共有
印刷
その他

9日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は一段安となる場面があり、一時は下げ幅を260円まで拡大した。中国・上海などアジアの株式相場が軒並み軟調に推移しており、引き続き投資家心理の重荷となっている。週末を控えた後場とあって持ち高を買いに傾けにくく、海外勢などによる株価指数先物への手じまい売りも続いている。

東証株価指数(TOPIX)の午前の下落率は0.17%と小さかった。最近の例から「日銀による上場投資信託(ETF)買いは入らない」(国内証券の株式情報担当者)との見方も後場寄りの一段安につながった。ただ、その後は徐々に下げ渋っていることから「ETF買いが入っているのでは」との声もあり、市場では思惑が交錯している。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約480億円成立した。12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆4486億円、売買高は8億4242万株だった。

コマツや安川電オークマなど中国関連と位置づけられる銘柄が下落している。丸紅三菱商三井物など商社株が安い。一方、明治HDニチレイが高い。住友大阪太平洋セメはしっかり。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

相場と投資を読み解く

9日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム