2019年8月25日(日)

8/25 5:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,741,290億円
  • 東証2部 67,983億円
  • ジャスダック 86,195億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.11倍 --
株価収益率13.35倍13.19倍
株式益回り7.48%7.58%
配当利回り2.14% 2.15%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,710.91 +82.90
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,720 +100

[PR]

国内株概況

東証後場寄り 一時2万1000円割れ 小口の売りでも振れやすい

2019/6/18 12:58
保存
共有
印刷
その他

18日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は下げ幅を広げ、前日比150円あまり安い2万0900円台後半で推移している。取引時間中に2万1000円を下回るのは2営業日ぶり。外国為替市場で円高・ドル安が進み、海外ヘッジファンドなどの売りが出た。商いが薄く、小口の売りで下げ幅を広げやすい面がある。

前場の中ごろにトランプ米大統領がツイッターで「米移民税関捜査局(ICE)が来週にも不法移民の送還を始める」と述べた。これをきっかけにリスク回避ムードが強まった。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約290億円成立した。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で9176億円、売買高は5億3664万株だった。

東エレクファナックが下げている。花王が安い。一方、資生堂が高い。塩野義アステラスがしっかり。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。