/

東証後場寄り 一段高、2万1300円台乗せ アジア株高で短期筋が買い

18日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は一段高となった。一時は前日比400円あまり上昇し、取引時間中として昨年12月18日以来2カ月ぶりに2万1300円台に乗せた。中国・上海株などアジアの主要株価指数が大きく上昇したのを受け、「商品投資顧問(CTA)やヘッジファンドなどの短期投資家が株価指数先物に買いを入れている」(国内証券のアナリスト)という。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約380億円成立した。12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆2190億円、売買高は7億2301万株だった。

ファナックテルモエーザイが高い。日立建機国際石開帝石なども買われている。一方、太陽誘電東ガス双日は安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン