2019年5月26日(日)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,887,464億円
  • 東証2部 71,850億円
  • ジャスダック 86,058億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.14倍 --
株価収益率13.79倍13.36倍
株式益回り7.24%7.48%
配当利回り2.09% 2.10%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,117.22 -33.92
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,100 ±0

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

5月24日(金)14:20

アマゾンジャパン ファーウェイ製品の直販停止[映像あり]

野村 情報漏洩問題で15時から記者会見

5月24日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証後場寄り やや伸び悩む、買い一巡で個人の売り

2019/4/17 13:02
保存
共有
印刷
その他

17日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価はやや伸び悩み、前日比60円ほど高い2万2200円台後半で推移している。午前の中国・上海株式相場がほぼ横ばいで終えるなど、中国統計を好感した買いが一巡している。東京市場でも短期的な過熱感を警戒した個人投資家などの戻り売りに押されている。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約400億円成立した。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆4129億円、売買高は7億8162万株だった。

マツダスズキSUBARUが上げている。コマツ日立建機が高い。一方、東ガス関西電が安い。キリンHDマルハニチロが軟調。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム